神奈川県医師会中毒情報相談室

   家庭用化学製品(タバコ、洗剤、化粧品、シャボン玉液など)を誤って飲んだり、食べたりした場合の

急性中毒についての問い合わせを受け付けています。 受付電話番号045-262-4199

  「エッ・・・食べちゃったの!」、「病院に行ったほうがいいの?」、「どうすればよいか分からない?」、

   こんなときには、気軽に相談してください。ご家庭での対処方法や見守り方、すぐに医療機関にかかる

必要があるかなどを分かりやすくアドバイスします。

     ○  すでに症状が出ている場合は、お近くの医療機関へ受診してください。

                   神奈川県医師会中毒情報相談室
神奈川県医師会中毒情報相談室ポスター

 誤飲事故の多くは、小さなお子さん(乳幼児0歳~3歳)です。

  行動範囲が広がった小さなお子さんは、手の届くものはなんでも口に入れてしまいます。

  中毒事故の多い、タバコや化粧品等を手の届くところに置かないようにするなど、身の回りにある

ものを確認し、予防に努めましょう

                                          お問合せ方法
新着情報
 
                                                                           

平成25年度の受信状況

 受付件数は、平成21年度から減少傾向にありますが、誤飲相談の多い物質は上

10位まで大きな変化はなく、「医薬品、化粧品、タバコ」などといった日常生

活をする上で身近な物質が多くなっています。

「タバコ」の相談件数は、ピーク時(平成
12年度994件)の約28%に減少してい

ますが、依然として受付件数の多い起因物質3位であり、乳児のいる家庭では注

意が必要です。また、上位
10位以外では、近年、「電池」や「石鹸」が上位に位

置しています。
 
問合せの多くは、3歳未満の乳児に関する相談で、時間帯は午後(
12時~18時)

から準夜(
18時~24時)にかけて多い傾向が続いています。

起因物質別詳細内訳

(1)化粧品・石鹸

(2)タバコ類

(3)洗剤類・漂白剤

(4)乾燥剤・鮮度保持剤

(5)文具類

(6)殺虫剤・防虫剤



神奈川県医師会中毒情報相談室