包茎コラム

包茎手術で健康保険が適用されるケースは?元カウンセラーが詳しく解説

包茎手術を受けるにあたって気になるのが費用です。

手術だから健康保険が適用されて3割負担になるの?と思うかもしれません。

包茎手術で健康保険が適用されるケースは真正包茎とカントン包茎の手術の時だけです。仮性包茎は健康保険は適用されません。

仮性包茎の手術費用は全額自己負担となりますのでご注意ください。

ここでは、包茎手術と健康保険の関係についてや、保険適用での手術費用についてなどを元カウンセラーが詳しく解説します。

健康保険が適用される包茎手術について

冒頭でもお伝えしたとおり、健康保険が適用され3割負担で手術が受けられる包茎の種類は真正包茎とカントン包茎だけです。仮性包茎の手術には健康保険は適用されません。その理由は、仮性包茎には健康上のリスクがほとんどないためです。

仮性包茎は平常時、勃起時ともに痛みを伴うことなく容易に皮を剥くことが出来る包茎のことです。そのため入浴時に洗えば清潔な状態を保つことは可能であり、性行為や射精にも支障はありません。

健康保険が適用されるケースは、簡単に言えば病気や怪我による健康上の障害を治療する場合に限られます。仮性包茎の手術は審美目的とみなされるため健康保険は適用されないのです。二重まぶたの手術やバストアップの豊胸手術、歯の矯正に健康保険が適用されないのと同じです。

真正包茎は病気のリスクがあり男性不妊の原因にもなる

真正包茎は常に包皮が亀頭を覆っている状態なため、包皮の内側に恥垢を含めた様々な微生物や分泌物などが溜まり不衛生な状態となり、陰茎がんや亀頭包皮炎といった病気の原因となります。

また、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染のリスクも高くなり、性行為を行ったパートナー女性が子宮頸癌になるリスクもあります。

性行為においては射精まで至ったとしても、十分な精子が射精されず男性による不妊の原因になることもあります。

これらの理由から真正包茎の手術には健康保険が適用されます。

カントン包茎は血行不良により亀頭が壊死するリスクがある

カントン包茎は平常時には包皮を剥くことが出来るものの、勃起時は陰茎の太さのギャップに包皮口の伸縮性が伴わず、包皮口が亀頭を強く締め付けてしまう可能性があります。そうなると亀頭は十分な血液の循環が行えず、血行不良を起こしてしまいます。

この状態を放置すると亀頭下で水ぶくれとなり、緊急手術が必要になります。また更に放置すると、亀頭へ血液が循環されずに鬱血し、亀頭が壊死する可能性があります。そうなってしまうとペニス自体を処理しなければならなくなります。

これらの理由からカントン包茎の手術には健康保険が適用されます。

保険適用での手術費用

病院で治療を受け支払う費用を『診療報酬』と言います。この金額は、厚生労働大臣が定めた医療行為1つひとつの点数を足し合わせて算出されます。

医療機関に、その対価として支払われる費用は「診療報酬」と呼ばれ、厚生労働大臣が定めた医療行為1つひとつの点数を足し合わせて算出した金額となります。
そのうち、自己負担分(原則3割※年齢や所得に応じて異なる)は患者さんが、残りは加入している医療保険者が、医療機関に支払うことになります。

引用:なるほど診療報酬!|国民のみなさまへ|日本医師会

包茎手術の診療報酬はいくら?

健康保険が適用される包茎手術の術式には以下2つがあり、それぞれ診療報酬の点数が違います。

  • 環状切除術…2,040点
  • 背面切開術…830点

1点10円で計算されますので、金額に置き換えると以下にようになります。

  • 環状切除術…20,400円
  • 背面切開術…8,300円

上記の金額に診察代、薬代、包帯代などが加わり、環状切除術で合計3万円程度の金額になります。

なお、背面切開術は子供向けの手術ですので、大人の包茎手術で行われることは基本ありません。

保険適用の手術はどこで受けられる?

泌尿器科や形成外科の病院で受けることが出来ます。しかし、最近は包茎手術を行っている病院は減少しており、保険適用で手術をしてくれる病院も少ないです。

真正包茎やカントン包茎であっても、包茎手術は全額自己負担での手術となる病院もあります。

事前に病院に電話等をし、保険適用での包茎手術を行っているか確認してから診察を受けるようにしましょう。

保険適用のデメリット

手術費用が安く済む保険適用での包茎手術ですが、デメリットもあります。2つ紹介します。

手術後の見た目への配慮は期待できない

保険適用の手術方法となる環状切除術は、余剰な包皮の量を測定して切除するラインにペンで印をつけ、陰茎の外周に沿って環状に切除します。切除後の縫合ラインは陰茎中心付近となります。そのため、違和感のあるツートンカラーの見た目になってしまいます。

診察時間・手術日が自由に決められない

保険適用の手術を行ってくれる病院の診察時間は平日9時~17時くらいの病院が多いです。また、手術は●曜日の午後、といったように、手術をする曜日が決まっている病院もあります。

平日は学校や仕事があるという方にとっては現実的ではありません。

自由診療のクリニックの良い点

包茎専門のメンズクリニックなど、健康保険は適用されませんが手術後の見た目に配慮し、土日も診察・手術が受けられるクリニックは多数あります。

手術痕が目立たないように配慮してくれる自由診療クリニックでは“亀頭直下埋没法”といって、環状切開術にて包皮を切除した後、包皮の内板と外板を縫合を亀頭直下の位置で行うことで、手術痕を目立たなくしてくれます。

また、土日も診察・手術ともに対応しているクリニックがほとんどです。

仮性包茎の方や手術後の見た目を気にする方は、自由診療のクリニックも検討されると良いでしょう。

-包茎コラム

© 2022 ムクナビ